「金融」を専門とするからこそ、
創造できるコミュニケーションと価値がある

金融は抽象的で目に見えないため、一見すると理解するのが難しいというコミュニケーション上の大きな課題があります。加えて、金融業界には表現に関する厳しい法規制や人材の確保などの課題があり、業界の内外でコミュニケーションを図るには実に多くのハードルを越えなければなりません。

そこで必要とされるのが、高い経験値に裏打ちされた、優れた専門性です。たとえば複雑な商品の仕組みを正確に把握すること、運用会社や販売会社、最終受益者との関係性を深く理解すること。あるいは、最新のマーケティングや多くのメディアとの関係を熟知し、どんな媒体や発信方法が最も有効であるか判断ができること。

これらが有機的に連携し合うことで初めて、金融業界で有意義なコミュニケーションが生まれ、価値がもたらされるのです。これらは「金融」を専門とする想研だからこそ、できること――。

マーケティングプラン立案からコンテンツ制作、人材紹介や顧客マッチングなどのあらゆる分野で、想研は一貫した質の高いサービスの提供をお約束いたします。